【Particle of Light】
水面に浮かぶ光の粒子だけを集めたらどうなるだろうか? 
そんな憧れから生まれた作品。 

水面の光は、近づくほど遠ざかります。しかし、光に近づいて行くサーファーや水鳥の姿は、他人から見ると光に触れているように見えます。本来、人は光に触れ続けていますが、確かだと思っている感覚は、別の感覚と組み合わせによって感じられるのかもしれない。

光と一体になる。水辺と重なるようにオブジェを置き
光の上でコーヒーを飲んでみたい。というのも密かな憧れです。

【Particle of Light】
What if we collect only the particles of light that float on the surface of the water? 
A work born from such a longing. The light on the surface of the water gets farther away as it gets closer. However, the appearance of surfers and waterfowl approaching the light seems to be riding on and touching the light from the perspective of others. Originally, people continue to be in contact with light, but the feeling that I think is certain may be a combination with a different feeling.

Size : wide 2000mm hight 750mm depth 1000mm
Material :
PLEXIGLASS,  SPECTROSCOPIC SHEET
Back to Top