When I see the "shimmer" of light, images of various natural light come to my mind. For example, ripples on surface of the water, sunlight through the leaves of trees , rays from a break in the clouds, reflections on window glass . "Shimmer" of light makes me feel that it is natural light even if it is artificial. I would like to express the unity of "shimmer" and our body in this work. Your body is wrapped in the "shake" of light. There are countless transparent film hands out of walls on both sides. They are the lighting hair which covers a creature. The faint prominence is reflective and flashes. The grassland of light gives a sense of touch. The reflective films with the small round shape put on the point , give a strange illusion at various angles and locations. The gold of the morning sun, red of dusk, dark blue of evening sky. Keep looking for a while, and the inner memories of our body are recalled. The feel of winds, clashing sounds, the smells of something. The inner world and the outer nature  resonate each other. It is not only a visual experience but also a sense of touch. You will get the total sense experience, temporal, spatial, and metamorphose.
光の「ゆらぎ」を見ていると様々な自然の光を連想することができる。たとえば水面の漣、木漏れ日、雲間に見える光、ガラスのファサードに映り込む光などがある。私達はそこに魅力を感じる。光の「ゆらぎ」を観察しているうちに光の媒体が人工的であっても自然と感じるのではないかと気づく。本作品では、単に「ゆらぎ」の美しさを表したいのではない。時間が経つにつれて身体が自然の リズムを掴み、光の中で「ゆらぎ」と一体となることを感じてもらいたい。光の「ゆらぎ」だけ を抽出し、体感するために身体を包み込む大きさの空間を設けた。両側の壁からは、無数の透明 フィルムが突き出している。それらはまるで生き物を覆う体毛だ。そのかすかな突起に光が反射し、きらめく。全体を見渡せ ば光の草原であり、そこからは触覚さえも想起される。先端に付けられた小さな丸い形の反射フィ ルムは見る角度や位置によって光が変幻する。朝日の金色、夕暮れの紅、夜に向かうにつれあら われる群青。ほぼ均一なつくりでありながらも多様な表情を見ることができる。しばらく見続けていると私達の身体内部にある様々な記憶が呼び起こされる。風を受ける触覚、 もの同士がぶつかり合う音、また匂いまでも感じられてくる。身体の内側と外側が共鳴し合い、 その感覚の領域へ導かれる。眼で見ながらも単に視覚的な体験にとどまらず、身体内部から触覚 的な感覚が喚起される。身体全体で感得できる空間的・時間的・変容的な知覚体験ではないだろ うか。
Back to Top